佇む婆ちゃん⑤

ずいぶん前に 佇む婆ちゃんというタイトルでまで記事を書いた

年老いた婆ちゃんが寒空の中 どうなっていくのか気が気でなかった

日に日に弱っていく婆ちゃんのことが気が気でなかった・・・

その婆ちゃんの行方が分からなくなって 落胆していた


その婆ちゃんに 先日バッタリ会ったのだ!

あ・いや・違った 見つけたのだ・・は失礼か・・

お見受けしたのだ・・は堅苦しいか・・・

とにかく お見掛けしたのだ!

いつもの駅前で  それもカフェで!

婆ちゃん会いたかったよ~ どんなに心配したことか・・

前と変わらず 伸ばしっぱなしの髪に三つ編み

お洋服も前と変わらないし 荷物も沢山ぞろぞろと引きずっているが

なんといっても 顔色が良く 表情がやんわりとしていた

コーヒーを飲んでる横顔を見ていると

外を見つめる瞳に 力があった

本当にホッとした 

ふと周りを見ると 婆ちゃんのことを 優しく見つめる人

婆ちゃんを知らないのであろう ジロジロと白い眼で見る人

こういうのは残念に思うが まあしょうがない

だって 見た目は世間的に浮○者に見えるから

でも 婆ちゃん ちゃんとお風呂にも入ってる (たぶん・・)

お洋服も洗濯してる (たぶん・・)

だって 臭くない (失礼でごめんなさい)

お洋服も ヨレヨレだけど 洗剤の匂いがした

手だって 白魚のように とっても綺麗 (ホントです)

その 婆ちゃんが見つめる先には 例のバス停

やっぱり 待ってるんだね

息子さんのこと まだ待ってるんだね

切ないな・・・

涙が出ててくる・・・

どうか 婆ちゃんが息子さんと会える日が来ますように


         不思議っ娘作 佇む 婆ちゃんの似顔絵
画像














"佇む婆ちゃん⑤" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント