佇む婆ちゃん ②

前回書いた  「佇む婆ちゃん。。。」のことが少し判った

福祉事務所の方が言うには  警察官も同行してもらい  婆ちゃんと話をしたそうだ

それも  何度か話をしていて  見守っている状態なんだって  

婆ちゃんは  『私は生活保護のお世話になることは  まだ考えておりません』と言っているそうだ

昨日は  ケンタッキーの壁に立ったまま寄りかかっていた  目を閉じていた・・・  

なんだか・・・婆ちゃんを見る度に切なくなる・・

登下校の度に婆ちゃんを見ている  うちの娘は  「おばあちゃん、三つ編み崩れてた・・・」 

「今日は石段に座ってた・・疲れてるんだよね」と気掛かりでしょうがないらしい

私と同じように  何人かの方が  心配して福祉に連絡をしてきたそうだ   少し安心した

みんな心配してる・・・

見守っていよう  もう少し・・・    

  





この記事へのコメント

まる
2008年10月22日 20:06
そうだね・・・もう少し見守っていてあげたほうが良いのかもね。
2008年10月23日 15:12
どうかお願いです!!
息子さん、早く帰ってきてください!!(涙)
koko
2008年10月23日 17:48
まるさま
そうね・・・
いつも どこで寝てるんだろう・・
あの大きなカバンの中には寝袋が入っているらしい・・・
koko
2008年10月23日 17:53
お地蔵さんさま
婆ちゃんが息子さんを待ってる事
福祉の人は知らなかったようです・・連絡してよかった
今日は雨・・濡れてないかなぁ・・・

この記事へのトラックバック

  • 佇む婆ちゃん⑤

    Excerpt: ずいぶん前に 佇む婆ちゃんというタイトルで②③④まで記事を書いた Weblog: 私的のんびり日記 racked: 2013-01-26 08:37